ブライダルや建設のバイト|派遣で自分の夢をハッケンする

ネクタイを締める男性

建設のお仕事

建設業界は超多忙

建設業界は超多忙となっています。東日本大震災後の復興工事に加えて、東京オリンピック・パラリンピック開催決定による関連施設の建設やインフラ整備、リニア新幹線の着工が重なり、資材価格の高騰や労務不足が顕著となっています。施工現場では施工管理要員が不足しており求人による募集がされています。建設業界全体が施工管理者の不足状態にあり、求人における年収の提示も従来に比べ大幅に好転しています。一時期収益の確保に苦しんでいました建設各社も施主に対する価格転嫁が進んでいますので、施工管理者に対する年収の提示額を増額することが出来るようになっています。しかしながら一旦建設業界から転出した人の戻りは少なく、求人への反応はあまり良くありません。

新卒採用は時間がかかる

建設現場で施工管理に従事巣すためには建設業法で定められている資格が必要となっています。建築士や技術士の資格は合格が難しいので建築施工管理技士と土木施工管理技士の資格を取得することが重要になっています。建設業界では現在の人員不足を解消するために新卒採用の増加を図っていますが、資格取得においては一定の実務経験が必要となっていますので、すぐに現在の施工管理者不足の解決にはつながらないのが実態です。求人会社でも年収条件の改善だけでは要員を集めることが出来ないので、労働時間や労働環境の改善なども含めて条件提示をしているのが現状です。最近は近接する現場では施工管理者の兼任が認められるようになっているのも求人会社にとっては求人活動を有利に進められることになっています。